チャイを味わうパッケージをデザインしよう!

デザイン・クリエイティブセンター神戸 3F

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、子どもたちの創造性を育むプラットフォーム「KIITO:300キャンプ」の活動として、1dayワークショップ「チャイを味わうパッケージをデザインしよう!」を開催します。今回のワークショップでは、講師にスパイス調合師の古市邦人さん、デザイナーの蓮蔵直美さんをお招きします。 スパイスを効かせたオリジナルのインド式ミルクティーの「チャイ」を作り、味覚などの情報をヒントに、チャイの魅力を引き出す、伝えるためのパッケージデザインをデザイナーから学びます。 【ワークショップの流れ(予定)】 ①講師の自己紹介・チャイについてのレクチャー ②オリジナルチャイの制作 ③いろいろなパッケージデザインをみてみよう ④パッケージデザインをつくろう ⑤つくったパッケージを発表しよう 【講師プロフィール】 古市 邦人(一般社団法人NIMO ALCAMO 代表理事) スパイス調合師。2014年から移動販売のカレー屋台を始め、2017年に大阪市内にてカレー専門店「nimo alcamo」をオープン。2023年には休むこと、話すことをコンセプトにしたチャイ専門店「Talk with _ 」を立ち上げ、休職中・離職中の人を対象とした対話の場も開催している。 初心者でもスパイス調合の楽しさが学べるカレーやチャイのワークショップは、全国各地で開催し、これまで1000名以上が参加。 蓮蔵直美(ヌリタシ/グラフィックデザイナー) 普段はフリーランスのデザイナーとして、デザインをきっかけに関わる人たちの風通しが良くなるようなお手伝いをしている。週末は夫(ヌリ平)と一緒に奈良で「実験する本屋 ヌリタシ」を運営。 生き方・働き方に関してより深く、よりポップに悩みもがくための本を販売するかたわら、本屋という場所を軸に街のみなさんと地図をつくったり句会を開いたり本をつくったり等、実験的な企画を行う。

開催期間

13:00~17:00(予定)

休業日など特記事項

月曜休館、祝日の場合は翌日振替え

開催場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸 3F

ホームページ

https://kiito.jp/schedule/lecture/articles/69708/

料金

有料

金額

1,000円(材料費込み)

申込方法

人数:8人(お子様のみ)、対象:小学3年生~中学3年生。 2024年7月9日(火曜)より申し込み受付開始。 ウェブサイト(https://kiito.jp/schedule/lecture/articles/69708/)よりお申し込みください。 申し込み多数の場合は抽選となります。

募集期間

開始:
終了:

募集人数・組数

8人

受付方法

抽選

主催者

デザイン・クリエイティブセンター神戸

主催者連絡先(電話番号)

078-325-2235

申込方法

申込フォーム

KIITO HP

※外部サイトに移動します